マイナス金利を考えてみる

こんばんは、皆さん体調はいかがですか?

私は先週インフルエンザを疑われましたが無事に普通の風邪でした。(無事じゃないし・・)

 

今回は世間を騒がしているマイナス金利について触れてみたいと思います。

住宅に関する金利というと住宅ローンがありますね。

住宅ローンは約2年前くらいで変動金利で0.875%あたりが最低金利だったと思います。

しかし今や0.625%というところまで下がってるみたいですね。

 

簡単に言うと金利が低い方が住宅ローンが安くなるということです。

 

じゃあ、金利は下がれば下がるほうがいいという人もでてくると思います。

 

でも下がれば下がるほど自分達が金融機関に預けている貯金などはどうでしょうか?

金利が下がり預けているだけで利子はつかなくなっていくという状態になります

 

金利のバランスはそう考えると色んなところに影響がでるのでバランスが難しいですね。

 

景気の指標としても金利は1つの基準になると思います。

高ければ経済活動が活発で好景気と判断できますし、低ければ消費行動などが鈍って

景気が悪いというかんじでしょうか?

 

どちらにせよ、消費税増税の先送りもささやかれていますが、住宅ローンは低い方が

いいですよね♪そして貯金している利子は高いと嬉しいですね。

 

そんな世の中になることを期待している今晩でした

 

それでは今日はこの辺で

続きを読む 0 コメント

家に関する補助金

家を購入したり、リフォームをすると減税があるのを広告でよく目にします。

具体的にどんな減税があるのでしょうか?

今日はお家に関する減税についてふれてみましょう。

 

住宅ローン減税って「家を買うことに対する減税」と僕も思っていましたが、けっこう広いくくりで購入だけでなく、リフォームも住宅ローン減税があります。

 

具体的には下記のようなケースで控除を受けれるみたいです。

・住宅の新築や取得

・住宅と取得を共にする土地

・家の増改築

・バリアフリーの改修工事

・省エネ改修目的の家の増改築

 

このような例は住宅ローン減税を受けれるみたいです。

また、適用の期間としては平成25年~平成31年の6月30日の間で、家の取得、リフォームによって控除を受けれる年数は変化するとのこと。

 

皆さんも該当する際は、業者さんに問い合わせてみられてはいかがでしょうか?

 

財務省のページに表がありますのでリンクしておきましょう。

住宅ローン減税制度の概要

 

では今日はこの辺で失礼します

続きを読む 0 コメント

建築条件付土地ってどんな土地?

前回は「住宅ローン」を計算してみようとブログを書きまして、少し家を買うことに関する情報を発信しましたが、今回は「建築条件付土地」という言葉について振れてみましょう。

 

チラシとかで建築条件付土地という言葉を目にすることが多いと思います。

 

これは読んで字の通りでして「ある業者と建築することを条件とした土地ですよ」という意味です。

 

反対は「建築条件なし」になります。

 

その土地を購入したとき、上の家を建てる業者が決められている土地ですので、自分の好きな業者さん、工務店では建てられませんよという意味です。

 

既にご存知の方には余談かもしれませんが、今度見るチラシにどのように表記されてるか、また見てみてください。

 

それでは今日はこの辺で

 

続きを読む 0 コメント

住宅ローンを計算してみよう

とても寒い日が続きますね。暦上では明日は大寒という日にあたるみたいで、寒いのはほんと身に応えます。

 

さて、京都ママの家.comをご覧の皆さんは「住宅ローン」って計算されたことありますか?

実は簡単にインターネットで調べることができるんですよ。

知ってるよという人もいると思いますが、知らない人の為にちょっとやってみますね。

 

インターネットで住宅ローンって検索しましょう

続きを読む 0 コメント